スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆GW最終日 山菜狩り in ギターキャンプ!vol.1◆

GWの最終日+有給休暇1日で、福井県のとある場所へ
山菜狩り+ギターキャンプへ行って来ました。
今回のテーマは、採りたての山菜キャンプで頂くのと
キャンプ場で弾く、アコースティックギター焚火を楽しむ事。

私くしと、以前、一緒の会社で働いていた先輩と、先輩の子供さん1人と。
キャンプ道具満載で、マイカーのekワゴン(軽自動車)で自宅を8時に出発。

IMG_09701.jpg
なんと!林道が大荒れ状態で、通行出来ず。。。ここから、徒歩で林道を歩く事にしました。

IMG_0971.jpg
採れ頃の、タラの芽を発見!しかし。。。生えてる場所が、断崖絶壁のため、採るのを断念。。。


IMG_0974.jpg
登るにつれ、林道に残雪が。


IMG_09751.jpg
沢に、葉わさびの群生を発見!o(^▽^)o さっそくゲット!


IMG_09771.jpg
先輩に、採ってもらいました。(^m^ )


IMG_09801.jpg
こちらは、ウド。天然物は鮮度が命!時間が経過すると、アクが出て生では食べられません。


林道を歩くこと、4キロ。葉わさびと、ウドを採り、林道を後にしました。ホントは峠で野宿キャンプ
予定でしたが、林道が通行出来ないので、麓にあるキャンプ場を探す事に。


IMG_09811.jpg
麓のキャンプ場でテントを張る事にしました。


IMG_09841.jpg
私くしのテントはogawaステイシーST。前室がメチャ広いです。(^m^ )XR100モタードなら全室に入るかも?!


IMG_09871.jpg
6日~7日は、GWも終わり、我々だけとなり、キャンプ場は全貸切状態!車も横付け出来て超!快適!


IMG_09901.jpg
さっそく、ウドを水洗いし、食べやすい大きさに切り、皮をとり、酢みそを付けて生で頂きました!
これがまた!メチャうまし!o(^▽^)o たまりませんなぁ~


IMG_09931.jpg
こちらは、葉わさびの、おひたし。熱湯をサッと通し、カツオ節と、お醤油で頂きました。
ほのかな、わさびの香りがたまりません!こっちもうまし!o(^▽^)o


IMG_0992.jpg
先輩が、鶏肉を持って来てくれました。さっそく焚火に網を敷き、炭火でジュージュー焼きます。


IMG_0997.jpg
キャンプ場にギターを持って来ました。(^m^ ) ふいんき抜群!早速、あの曲を弾きました。
テント、焚火、ウィスキーとくれば・・・


サントリーウィスキーCMの 『夜が来る♪』 ですね。

他に、20曲ほど弾いて、今夜はおひらきとしました。


次の日につづく。。。

スポンサーサイト

tag : キャンプ アコースティックギター 山菜 GW 焚火 ツーリング ギター

◆極寒キャンプ敢行!(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル ◆

昨夜に掛けて、朽木桑野オートキャンプ場にて友人と極寒キャンプへ行って来ました。
バイクで行こうと思ったのですが、流石に寒すぎ。。。(((((( ;゚Д゚)))))なので
マイカー参加しました。流石、車の利便性は楽ですよね~荷物がイッパイ積めちゃうんですから。

バイクですとパッキング方法とか考えなくてはなりませんが、車は放りこめばいいんですから。
楽しみな、焚き火を囲んでのキャンプは良かったですよぉ~(*^ー゚) あの赤霧島を持参。
それと、前から一度して見たかった、キャンプ場でのギター演奏。持って行きましたよ。ギター。
軽やかに、弾き語りしていると、他のキャンパーの方が見にこられて一緒にビール乾杯!
写真撮りそこねましたが、またキャンプ場にギターを持って行きたいですね。

で、星空があまりにも綺麗だったので、固定撮影で撮影して見ました。せっかくならポータブル赤道儀
で撮影したかったなぁ~。この朽木桑野オートキャンプ場は、直火OKで、一人なんと¥300-と激安の
キャンプ場です。それでもってバイクも車も横付けOK!それにトイレもメチャ綺麗!オールシーズン
キャンプ出来るので、これまた近場にこんなキャンプ場があったとは気が付きませんでした。

帰りに、紅葉を撮影して帰りました。この辺りは比良山の裏側に辺り、V字の谷沿いで安曇川が流れ
ており、紅葉も今日当たりが絶好の見頃でした。ちなみに葛川明王院は穴場の紅葉スポットですよ~。
大原三千院とひけを取らないくらい見事でした。

kutsuki02.jpg
朽木桑野オートキャンプ場での極寒キャンプです。ダウンシュラフが無いので
3シーズン用シュラフ3個と、湯たんぽ持参。で武装しての参加。ヾ(*ΦωΦ)ノ

kutsuki01.jpg
朝方、霜が降りてパシパシに凍ってました。外は氷点下でした。
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

kutsuki03.jpg
タープも凍ってました。

kutsuki04.jpg
オリオン座が綺麗でした。ポータブル赤道儀持って来なかったのが惜しまれましたね。ヾ(*ΦωΦ)ノ
撮影データ 
PENTAX K10D タムロンSP15mm 絞りF4.0 ISO1600 バルブ撮影 80sec

kutsuki10.jpg
赤いもみじには青空が似合いますよね。

kutsuki06.jpg
スローシャッターで水の流れを表現して見ました。

kutsuki09.jpg
蜘蛛の糸に引っ掛かったモミジの葉を撮影してみました。

kutsuki07.jpg
紅葉は足元にもあります。落ちて濡れたモミジの葉も撮影して見ました。

kutsuki05.jpg
バックの緑と黄色のモミジの色合に思わずパチリ。


tag : 朽木桑野オートキャンプ場 極寒キャンプ 葛川明王院 紅葉 キャンプ場にギター

◆ガソリンコンロ点検しました。◆

コールマンDUAL FUEL533ガソリンコンロを点検しました。
次回、キャンプツーリングに持って行く予定なので、ちゃんと
着火するかの点検です。このガソリンコンロは、ホワイトガソリン
の他に、非常用として車用のガソリン(赤ガス)が使えます。
実際、使った事はありませんが、非常時に使えるのは嬉しいです。


IMG_0707.jpg
ホワイトガソリン専用モデルは528。白ガス&赤ガス両方使えるのが533


IMG_0708.jpg
少し大きいですが、気圧の低い所はガソリンコンロがいいですよ。(*^ー゚)b



ガソリンコンロは、プレヒートが必要です。最初は炎が高く上がりますが、
安定して来ると、青白いガスの炎になります。ガスタイプのコンロよりも
火力が強く、ガス特有の高地による圧力の低下による火力の低下が起きません。
なので、火力がガンガン強いので、中華料理も作れます(笑)


IMG_0711.jpg
ガソリンコンロは、プレヒートが必要です。


IMG_0712.jpg
火が安定して来ると、青白い炎に変わります。火力が強~い!(^m^ )



プレヒートの前に、燃料タンクに圧力を掛ける必要があるので、ポンピングを
100回ほど行い、圧力を上げて行きます。圧力が目に見えるように圧力計を付けて
ます。やはりガソリンコンロ特有のシューシューと言う音がいい感じです。



IMG_0714.jpg
3Kpaまで、圧力を上げて着火します。


IMG_0715.jpg
厳冬時にも、ストーブとして使用できますので、
これがあると、冬のキャンプツーリングも寒くありません。
(*^ー゚)

tag : コールマン ガソリンコンロ デュアルフェール 533 プレヒート キャンプツーリング

◆2011・新穂高温泉キャンプツー 3日目◆

キャンプ3日目の朝を迎えた。昨夜は隣でキャンプを張られていたハーレー乗りの方と
少し酒を飲み交わせた。キャンプツーリングの楽しみの一つとして、お隣さんライダーの
方とのコミュ。今回もこれが実現し楽しい最後の夜となった。乗られて来たハーレーがまた
超クラッシックな年代。1940年代?!くらいとの事。それにシフトがレバー式でクラッチ操作が
左足。フロントブレーキはなんと!左手。リアブレーキはと言うと右足操作!ヾ(*ΦωΦ)ノ

国産バイクの操作を覆す運転操作。僕には怖くて乗れませんね~ヾ(*ΦωΦ)ノ
それに、アクセル普通開けると戻るが、これは戻らないとの事。故意に戻さなければ
戻らないらしい。。。オマケに左グリップには、低速、高速時に点火時期を操作する
ようになっている。こちらも恐ろしやぁ~☆ヾ(*ΦωΦ)ノ
オーナーさん曰く、『1時間もすれば慣れるよぉ~!良かったら一度乗って見る?!』と言われたが
操作を誤って転倒などさせればウン百万掛かるようなバイクなので、丁重にお断りしました。。。

shinhodaka24.jpg
1940年代のクラッシックハーレーとの事。相当古いが、良さが分かる人には生唾モノらしい。。。

shinhodaka25.jpg
シフト操作がレバー式。左手でチェンジするタイプ。クラッチは左足だそうだ。まるで車。ヾ(*ΦωΦ)ノ

shinhodaka26.jpg
メーターはオリジナルとの事。長時間放置しておくとパーツが
盗まれる事が多々あると話すオーナー。ヾ(*ΦωΦ)ノ


shinhodaka27.jpg
エンジンはサイドバルブ方式。僕にはよく分からなかった。。。


5時に起床し7時半頃撤収完了。いつもの事であるが撤収は大変です。ヾ(*ΦωΦ)ノ
今日は、帰路の高山で祭り開催もあり、早期の帰宅を目指して出発。


shinhodaka28.jpg
撤収完了!いつもこれが疲れます。。。ヾ(*ΦωΦ)ノ

shinhodaka29.jpg
荷物はこんな感じで過積載です!ヾ(*ΦωΦ)ノ



途中の高速の多賀SAで昼食。なんと!SA内に餃子の王将が出来ていた。
早速、天津飯+餃子を頂く。やはり王将の餃子は美味しいね~♪(^m^ )

shinhodaka30.jpg
多賀SA内に餃子の王将があるのは嬉しいね~♪(^m^ )


shinhodaka31.jpg
王将の餃子を食べると、関西人で良かった~と思ってしまいます~♪(^m^ )


また、奥飛騨キャンプツーリングはこの時期くらいをメドに、
年1度は訪れたいと思います。(*^ー゚)b

                      
                        おわり

tag : 新穂高オートキャンプ場 クラッシックハーレー 撤収 晴れ アフリカツイン

◆2011・新穂高温泉キャンプツー 2日目◆

新穂高キャンプツーリングの2日目の朝を迎えました。
早朝の気温は一桁。昨夜は寒さで何度も目覚めてしまい
少し寝不足気味で眠い朝となった。寒さと目覚めを覚ます
為、場内の温泉に浸かる事に。やはり寒い時の温泉はありがたい。(*^ー゚)

shinhodaka02_20111012235920.jpg
新穂高オートキャンプ場は、寒い2日目の早朝となりました。

shinhodaka04_20111013000115.jpg
東の空から太陽が燦燦と!雲ひとつない快晴~♪(●ゝω・)ノ

shinhodaka01.jpg
今日もいい天気になりそう~♪

太陽がキャンプ場を照らし初め、理想のキャンプツーリングとなった。やはりキャンプは晴れないとダメ
ですよねぇ~♪(^m^ ) これがもし雨だったらテンションダダ下がりになるし、帰りたくなりますね。
温泉で体が温まったので、コーヒーとパンで朝食を済ませ、今日の目的地、旧安房峠へ向かう。
ただこの天気なので、観光地がたくさんある新穂高、上高地などの道路では渋滞が予測されるので
早めの行動と、渋滞・混雑を避けるよう早い出発とした。

shinhodaka05_20111013000919.jpg
旧安房峠途中の林道にて。

新穂高オートキャンプ場から新平湯温泉、福地温泉、平湯を抜け、あかんだな駐車場の入り口から
旧安房峠へ向かう。流石にここを走る車は少ない。時間帯もあったが峠の気持ちいい空気を楽しむ
のなら、早朝の時間帯がベスト。峠を登って行く空気はヒンヤリして最高。途中、乗鞍岳が見える
ポイントで写真を撮って休憩。気ままにバイクを停めて小さい秋を楽しめるのもソロツーリングの
楽しみの一つ。紅葉はまだ始まったばかりでピークは来週あたり?!であろう。

shinhodaka06_20111013001556.jpg
峠のヒンヤリした空気が秋を感じさせてくれましたね。

shinhodaka07_20111013001700.jpg
旧安房峠は昔と変わらないロケーションでした。

しばらく走ると旧安房峠に到着。峠の遥か前方には穂高岳が綺麗に望めました。現在はひっそりとした峠と
なりましたが、かつてはここを大型観光バスにマイカーが上高地へ向かう為に大渋滞していたルートでした
現在は安房トンネルが開通したので、交通量は減り旧道好きが訪れるポイントになっています。普通に峠越え
であれば1時間弱あれば越えられる所だが、昔は渋滞のあまり峠越えに6時間~7時間も掛かっていたそうです。
ヾ(*ΦωΦ)ノ  今考えたら恐ろしい渋滞です。

shinhodaka09_20111013002334.jpg
峠を少し登った場所から撮影して見ました。ホント!いい天気!ヾ(*ΦωΦ)ノ

shinhodaka08_20111013002426.jpg
旧安房峠から見える穂高連邦が見事でしたね!

旧安房峠を散策し、岐阜県側から長野県側へ。ここから坂巻温泉へ向かいます。峠を越えると上高地入り口の
釜トンネル前に出るのだが、まず手前にウネウネとした峠道を越えます。かなりのツヅラ折れの道。峠から30分
くらい走って坂巻温泉に到着。坂巻温泉の前の国道は、上高地へ向かうバスと安房トンネルへ向かうマイカーで
渋滞が始まっていたが、渋滞をよそにこの時間帯に温泉に浸かる方が空いていると予測。これがまた的中する。
まさに貸切状態で露天風呂を堪能できました。(^m^ )坂巻温泉は日本秘湯を守る会の宿となっており以前から
浸かりたかった温泉の一つ。予想通り素晴らしい温泉を1時間ほど堪能。露天風呂から見える紅葉もまだ見頃
には少し早かったが、予想していた通りのいい温泉で大満足。時間も10時過ぎになり、信州の蕎麦を楽しむ為
乗鞍高原へ向かった。

shinhodaka10_20111013003551.jpg
穂のかに湯の華が浮いていて硫黄の香りの無色透明のお湯。
今度は一度ゆっくり宿泊して見たいですねぇ~♪(*^ー゚)

shinhodaka11_20111013003801.jpg
やはり!秘湯好きにはこの提灯でしょ!(*^ー゚)b

shinhodaka19.jpg
一軒宿の坂巻温泉。上高地からも近い。

坂巻温泉から乗鞍高原にある、蕎麦屋さん 『いがや』 に立ち寄る。乗鞍高原に来たらここは外せない
お蕎麦屋さんです。時間帯を外さないと軽く1時間待ちが当たり前な人気のお店です。混雑を嫌って
10時台の到着。まだ混雑してなくてよかった。早速、ざるそば大盛りを注文。いつもコレです。(*^ー゚)b
やはり昔と変わらない味でしたね~♪最高!後、蕎麦湯を頂いてご馳走様でした。お店から出ると
乗鞍岳が。山肌には若干の雪渓が残っていました。以前はバイクでも走れた乗鞍スカイラインとエコーライン
環境破壊を無くす為、現在は走れなくなりましたが、バイクで走れる日本で一番高い場所だったんですよねぇ~

shinhodaka12_20111013004828.jpg
乗鞍高原にある、そば処 『いがや』

shinhodaka13.jpg
いがやさんのお蕎麦は、昔と変わらない味でしたね。(*^ー゚)

shinhodaka14.jpg
乗鞍高原から望む、乗鞍岳。山肌には雪渓が残ります。

いがやさんのお蕎麦を堪能し、もう一つの楽しみである乗鞍温泉を楽しみます。ここには無料24時間浸かれる
温泉施設があります。乗鞍・湯けむり館の近くにある無料温泉施設、せせらぎの湯。場所がかなり分かりに
くいので知る者ぞ知るスポットって感じのお風呂です。掘っ立て小屋に畳三分の二サイズの浴槽だけのシンプル
なお風呂ですが、完全源泉掛け流しです。もちろん乳白色のお湯で湯の華の量が凄い。ここで30分程浸かり
キャンプ場へ戻りました。早い時間帯に戻りテントで飲む冷たいビールがまた最高でした!

shinhodaka21.jpg
見た目は掘っ立て小屋だが、中身はピカイチの温泉ですよ!ヾ(*ΦωΦ)ノ

shinhodaka20.jpg
小さい浴槽ですが、乳白色の源泉掛け流し!こんな鄙びた感じが逆にいいんですよね。(*^ー゚)

shinhodaka22.jpg
温泉のイメージといえば、やはり硫化水素型の白いお湯が定番?!でしょうか。

shinhodaka23.jpg
入り口の暖簾は男女向かい合わせになってます。

キャンプ場に戻り、しばらく昼寝ZZZzzz...して場内の温泉で温まり、ビールで乾杯。また最高に美味しい~
月明かりで飲むビールは最高でした。明日、帰るのがもったいないですね。

shinhodaka17.jpg
今夜は、昨日の残りの飛騨牛と焼きししとうを肴に。  3日目に続く。。。

tag : キャンプツーリング 新穂高温泉 旧安房峠 坂巻温泉 乗鞍高原

プロフィール

アウトライダー

Author:アウトライダー
◆◆◆旅の空から☆へようこそ! 愛車アフリカツインで絶景、秘湯、グルメを追い求めて日本列島をツーリング中!せっかくでしたら、足跡残して帰って下さいね!( =①ω①=)ノ◆◆◆

フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
最新コメント
最新記事
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。